プラトニックな不倫は存在する?その関係を求める心理を解説

肉体関係がないのに不倫をする意味ってあるのかと疑問に思う人も少なくありません。しかし、世の中にはプラトニックを貫いている不倫カップルも存在しているのです。
不倫をしている人のほとんどが肉体関係を持っているのは事実ですが、なぜプラトニックなままなのでしょうか。肉体関係がなくても関係を継続する意味やなぜ一線を超えないのか、その心理はどのようなものなのかについて詳しく解説していきます。

プラトニックな不倫ってどんなもの?

プラトニックというのは「純粋に精神的で清らかなさま」という意味で使用されます。プラトニックラブと言えば、相手のことをただただ好きで一緒に居るという恋愛のことを言います。
定義としては、肉体関係を持っていないことが多く、キスやハグ止まりです。そもそも、不倫とプラトニックというのは概念が真逆のものですよね。不倫は一生涯その人を愛すると決めたパートナーではなく、それ以外の人に心惹かれるという行為です。純粋に精神的で清らかなさまとはかけ離れていると言わざるを得ません。

精神的な繋がりを求める男女

しかし、実際に肉体関係はなく、キスもハグもしない不倫カップルの存在も否定できないのです。例えば、性欲が衰えた年代の人達にとって、性行為というのは重視されないもので、それよりも精神的な繋がりを求めることを重視します。体よりも心で繋がりたいと考えている男女が出会えば、プラトニックな不倫も成立するというわけです。

プラトニックな不倫を望む男性の傾向

肉体関係を持たない不倫関係を望む男性にはある共通点があります。その共通点は精神的に独りぼっちであるということ。妻や子供がいても常に心が空っぽのような空虚感に苛まれたり、自分のことを分かってくれる人はいないと常に孤独感に襲われているタイプの人は、精神的な繋がりを求めてしまいがちです。
肉体関係を持つことよりも、心の隙間を埋めてくれるようなことを望む為、肉体関係を重視しないのです。

家庭がうまくいっていない

家庭がうまくいっていない場合や、家庭に居場所がないと感じている人はプラトニックな不倫関係を望む傾向が強く、セカンドパートナーなどと呼ばれることもあります。男性の場合は仕事がうまくいっていないという場合も含まれます。
何もかもうまくいっていない時に寄り添ってくれる女性に出会えば不倫関係に発展しやすく、その相手に対して本気になってしまうことも少なくありません。

プラトニックな不倫を望む女性の傾向

女性の場合は、元々肉体関係を重視しません。もちろん全ての女性がそうではありませんが、精神的な繋がりを重視する傾向があります。家庭を切り盛りする女性にとっては、自分が女性でいる時間よりも妻や母親として過ごす時間が大半です。自分の人生を悲観的に思ってしまうことも少なくないのです。

ときめきを欲している

自分を妻や母親として見るのではなく、女性として見てくれる人に出会うことができれば、無くしていた自信を取り戻すことができますし、かつて片思いをしていたような恋心を思い出したいと考えます。
夫は生活をしていく上で必要な人ではありますが、心のときめきをくれる存在ではなくなってしまうことも多いでしょう。恋愛をしたいと願う女性がプラトニックな不倫にハマりやすいと言えます。

通常の不倫との差はなにか

不倫と言えば、その関係性に肉体関係が含まれることが多いでしょう。特に男性の立場からすればそれも一つのコミュニケーションとして捉えています。男性の立場で言えば、プラトニックな不倫を望んでいない場合も少なくなく、あわよくばの気持ちは持っていると言えるでしょう。

女性にその傾向がなければ…

ただし、女性にその傾向がなければ肉体関係を持つことはできません。プラトニックな不倫というのは、その肉体関係を持つ前の淡い時間を楽しむものと言えばわかりやすいのではないでしょうか。
学生時代などに経験した両想いになったばかりの距離感というのは、じれったい思いがありつつも楽しい時間です。相手のことを純粋に好きだと感じることができるので、敢えてプラトニックな不倫関係を続けるというカップルが増えています。

プラトニックな不倫カップルの実態

プラトニックな不倫カップルの実態は簡単に言えば、両想いになったばかりの恋人のようであると言えます。両想いになったばかりの頃は相手のこともよく知らないので、お互いのことを話したり、会うことだけで喜びが溢れる状態です。しかし、通常の両想いカップルと違うのは不倫であるという点です。

ホテルに行く場合は少ない

夫(妻)から得られないときめきや安心感を得ることが目的ですので、罪悪感がないことも少なくありません。デートと言っても、ラブホテルに行くことはなく、一緒に楽しむことができる場所を選びます。
もちろん人目を全く気にしないわけではないので、住んでいる地域から離れた場所でデートすることになるでしょう。夜に会うことよりも昼に会うことが多いようです。

プラトニックな不倫は問題ないのか

肉体関係がある不倫は悪いことだという認識はほとんどの人が持っていますが、肉体関係がなければそれは友達と何ら変わらないものですから、プラトニックな不倫は許されるものなのではないかと考える人も多いでしょう。
しかし、根底にあるのは恋愛感情です。相手のことを夫(妻)よりも好きであるのは間違いなく、精神的な繋がりを求めている以上、肉体関係がある不倫よりもタチが悪いと言えます。

普通の不倫よりも厄介?

肉体関係だけであれば、関係性を断つこともできますが、精神的な繋がりがある場合には離れることができないことも少なくないのです。パートナーにとっては、許しがたい行為であることに変わりはなく、肉体関係がないことを盾にしてくることで問題を難しくしてしまっているのも事実なのです。

プラトニックな不倫なら許されるは大間違い

肉体関係がなく心の繋がりを重視したプラトニックな不倫は、法律で裁くことはできません。肉体関係がない以上、慰謝料を請求することもできないのです。しかし、パートナーを苦しめる行為であることは間違いありません。
むしろ、心で繋がっている以上、やめることは簡単ではないのです。プラトニックだから許されると思っているのであれば、それは大間違いです。