ヤリモクでもよくない?いっそ楽しんじゃおう!

「ヤリモク」と聞いて、あなたはどんなイメージを持ちますか?
「そういえばあの時のあいつ!」
「わたしも過去にヤラれた!」
と、思った女性読者も多いかと思います。
が!そもそも、ヤリモクってそんなに悪いことでしょうか?

あなたの意思は?

責任転嫁をしてはいけない

過去に一夜を共にした男性がいたけど、その後のお付き合いに発展しなかった経験のある女性の多くは「あいつはヤリモクだったんだ!」と、男性陣を責めていることでしょう。ですが、それはある意味間違えた考えかもしれません。
あなたはお付き合いしたかったかもしれませんけど、男性からすればそうではなかっただけの話。あなた自身があなたの意思で一夜を共にしたのであるとすれば、男性を責められませんよね?
「ヤリ捨てされた!」
「最初から身体だけが目的だったんだ!」
と、思い相手の男性だけを責めることは簡単です。人は人に責任を押し付けることで自分の精神を保とうとしますからね。
でも、先にも書きましたがそこにはあなたの意思も必ずあったはずなのです。
だったらそれで良いんです!相手の男性を責めるのではなく、
「お付き合いはできなかったけど、一夜を共に過ごせて楽しい思い出になったわありがと!」
くらいの気楽な気持ちで過ごしましょう。
すぐにはそう思えなくても、そういうマインドでいることで誰も不幸にはなりませんからね!
だって、相手の男性を責めたところであなたがその人とお付き合いできるわけではないのですから!

自分自身で見極める

「誘われたからしちゃった」
「断れなくてなんとなく・・・」
そういう女性は多く存在すると思いますが、それってあなたの意思弱すぎじゃないですか?って話なわけですよ。
確かにきっかけは男性が作ったかもしれません。でも、女性側も少なからずそれに応じちゃってるわけです。応じるということは受け入れて、応えているわけです。それを後から「だって・・・」なんて言われても、男性だって知ったこっちゃないんですよ。
誘われたとしてもしたくなかったら断れば良いだけ!でもあなたはそれに応じた。ただそれだけなのです。
あなたもその一瞬「あー、してもいいかな」と思ったのであればそれでいいのです。
自分がしたい!と思ったときに、ちゃんと自分の意思を自分自身で認めてあげること。自分の三大欲求の一つである性的欲求を、自分自身の意思で満たしてあげられる人になること!
そうすればあなたはもう相手のせいにして病むこともなくなるでしょう!

認めちゃえば楽

「わたしが今したいと思ったからしただけだよ
そういうマインドでいるとすごく楽です。なぜかって?男性を追わなくなるからです。
今まであなたは一夜の過ち!と思ってヤリモク男性との記憶を闇に葬ってきたかもしれません。相手の男性を責めたりしたかもしれません。
そして、たった一夜を共にしただけの男性に対して、期待をし、追いかけてしまって病んでメンヘラ発病していたのではないでしょうか。
それ全部間違いです!
したかったからしただけ。つまり、好きだからしたわけではないのです!なので、別に期待することもないし、追いかける必要もないのです。
「好きだからする」と「したいからする」は、イコールじゃないんです!
そう思うことで「昨晩はとっても楽しかったまた明日から頑張ろっ!」と、自然と思えてくるのです。
男性には狩猟本能が備わっていますから、基本的に追われることを嫌います。そして女性より感情がなくてもセックスができます。つまり、そんなに好きでもないけどなんとなくやっちまっただけの女性に追われてしまっては、もう逃げる以外の選択肢がなくなってしまうのです!
そして、そういう男性は比較的追われることに慣れている人が多いので、あしらい方にも慣れています。つまり、あなたをブロックリストに入れてしまうことも簡単にできるのです!
ところが!あなたが追わない女になるだけで、あら不思議!「なんで追わないんだろう?」と無意識に思い、もしかしたらあなたが追われる立場になるかもしれません。だって男性には狩猟本能が備わっているから!
「わたし今夜あなたとセックスしたいので、これからどうですか?」
ある意味これくらい自分から言えるくらいになると、その後の気持ちもとても楽になるかもしれません。

間違えてはいけない点

本当に好きな人の場合

今したいからするという考えは間違いではないです。ただし、その相手が本当に好きな人の場合はする前にちゃんとよく考えてください。
なぜなら、その好きな男性にあなた自身が軽くみられてしまう可能性があるからです。
「こいつは彼氏でもない男と簡単にセックスする女」と相手の男性に思われてしまうと、もしそれまでその男性があなたのことをよく思っていたとしても、一瞬で引かれてしまう可能性があるからです。
ま!でもちゃんと付き合う前にセックスするシチュエーションになるっていう時点で、その男も大した男じゃないって判定できるからそれはそれで問題ないと思いますけどね!

サセ子になってはいけない

サセ子という言葉をご存知でしょうか?サセ子とは、誰とでもセックスをする女性のことです。それも男性が頼めば誰とでもする女性のこと。
これは駄目です!頼まれて決めるのではなく、自分から決めるのです!
例えば、あなたはこれから男性と二人きりで食事に行くとしましょう。その時、あなたは家を出る前から今夜その男性とセックスするか否か考えますか?もし考えないのであればこれからは考えてください。
そして、その時点で「ないな〜」と思う男性であれば、どれだけ誘われたとしても絶対に断ってください。なんなら怒って帰るくらいのことをしても大丈夫です!それくらい強い意思を持って自分でするかしないかを決めてください。
そうでなく、その場の雰囲気に流されてセックスをしてしまうと後悔をして傷つくのはあなたなのです!
だからといって最初からやる気満々な雰囲気がわかってしまったり、下品な誘い方をしてしまうと男性には逆効果な場合がありますので、あなたのやる気に満ち溢れたエッチな気持ちはベッドの中までとっておいてくださいね

都合のいい女になってはいけない

ここまで散々流されてはいけない!自分の意思を持って!とお伝えしてきましたのでもうお気づきかと思いますが、都合のいい女になってはいけません。
例えば、「今日わたしはそんな気分じゃないけど彼にはいつもよくしてもらってるし・・・」なんて考えは今すぐに捨ててください!
あなたがしたくなければ、昨日したとしても今日は「NO!」と言いましょう!
情に流されてはいけません!あなたはあなたの意思だけを尊重してあげてください。だって、その男性は恋人でもなんでもないので、優しくする必要も義務もあなたには1mmもないのですから!

お願い!避妊だけはして!

コンドームは絶対!

コンドームだけでは避妊は絶対ではありませんが、コンドームは絶対つけてください!なぜなら、相手はあなたにどんな病気を移したとしてもきっと責任はとってくれないからです。下手すると「俺じゃないんじゃない?」とも言いかねません!自分の身を守るのは自分しかいません。
よく一夜限りの相手の場合だと、後先考えない無責任な人が「とりあえず生!」みたいなことを言ってきますが、それもあなたに対して一切の責任がないから言える言葉なわけです。
そこで理性を失わずにちゃんと「NO!」と言える女性になりましょう

できればピルも!

最近では様々な目的で低用量ピルを服用している女性が増えてきましたが、ピルには副作用のリスクもありますので、一概におすすめはできません。
ですが、そこさえクリアしてしまえば約99.9%の確率で避妊ができるといわれています。(諸説あり)
ちなみに、コンドームは約14%失敗する可能性があるといわれていますので、ピルとコンドームを併用するのが一番安心といえるでしょう。

避妊以外にも気をつけたいこと

セックスは粘膜と粘膜のぶつかりあい!真っ向勝負!お互い、清潔な状態で一本勝負に挑むことが大切です。
始める前と終わった後にシャワーを浴びて清潔な状態を保つということは、ある意味礼に始まり礼に終わる日本の武道の精神と似ているところがあるといえるでしょう。
清潔な状態でいたすことで、様々な病気のリスクをおさえられるともいわれています。特に女性の場合は、感染症だけでなく雑菌などの繁殖リスクも伴いますので、どうぞ相手の男性に「シャワー浴びて!」と言いましょう

自分の意思を強く持ち、相手に流されずに楽しいセックスライフを送ってください
もう夏も本番です。チャンスを掴んでいきましょう!