【デート中も気をつけたい】知っているだけで違う、熱中症対策!

みなさんこんにちは!これから暑さと湿気が日増しに強くなる季節ですね!
夏の暑い日のニュースで「熱中症で搬送された方が、、、」など、よく耳にするワードですが、実は熱中症って放って置くと大変なことになるんです。
私自身、外に出かけるのが好きなのですが、一度熱中症で危ない目にあいました。
みなさんも、自分は健康だから平気!と思っていると、危ないかもしれません。
何はともあれ、熱中症のことを知っておくことと、気をつける意識を持つことが重要ですので、是非読んでみて下さい!

熱中症って、どうなるの?

熱中症
熱中症になりやすい環境は、「高温」「多湿」という状況です。
日中の日差しや、蒸し暑い夜等、日本の夏は、この2つが当てはまり、体調などの影響で、この環境に適応出来てない時になりやすいと言われています。
まずは、熱中症の諸症状を知っておきましょう!

症状1、顔のほてり、めまい
顔のほてり、めまいは、熱中症のサインです。
サインに気付いたら、水分と塩分を補給しましょう!

症状2、筋肉痛、筋肉がツる
手足の筋肉がつる、筋肉が硬くなっても熱中症を疑いましょう。

症状3、吐き気、だるさ
力が入りづらい、吐き気や嘔吐、頭痛も伴う場合も熱中症を疑いましょう!

症状4、不自然な汗のかきかた
汗が止まる、または汗が止まらないなど、汗でも熱中症のサインは出ます。

症状5、体温が高い
体温が上がっていて、皮膚が赤くなっているなどのサインも見逃さずに!

上記5つが熱中症の諸症状です。
上記を伴った状態で、さらに危ないパターンを紹介します。

危険1、呼びかけに反応できない、意識が無い
熱と伴い、汗はかいていないなど、体温調節が上手く出来ずに、意識も失うケースもあります。この場合は自分で水分補給が難しいので、大変危険な状態です。即座に医療機関に連絡をしてください。
また、意識はあれど暑いのに体をガタガタと震わすケースもあるので、この場合は即座に医療機関に問い合わせを!

まずは、気をつける!熱中症の予防とは?

予防

誰しもが、条件次第で熱中症にかかります。ご自分かもしれませんし、一緒に居る恋人、友人かもしれません。
熱中症に対する正しい知識を持つことによって、防ぐことも出来ます!

対策1、水分補給をこまめに
暑い日中、蒸し暑い夜、のどが渇いてなくても、こまめに水分補給をしましょう。市販のスポーツドリンクは、塩分を含んでいることが多いので、水分の吸収がスムーズなので、汗で失った塩分を補えます。
夏場は飲み物を持ち歩くことも大切です。

対策2、塩分をとる
夏は汗をかきます。失われた塩分を補う為に適度に塩分をとりましょう。
食事の中で取れる塩分もありますが、汗を多くかいた場合は、スポーツドリンクやタブレット等で補給するのもオススメです。

対策3、衣服を調節しよう
日中は肌を露出するのではなく、綿や麻などの通気性の良いものを着用して日を浴び過ぎないことも大切です。

対策3、睡眠、栄養をしっかりととる
体力の低下している状況だと、熱中症にもなりやすいといわれています。
寝苦しくて睡眠がとれていない場合は、通気性の良い寝具などを使ったり、空調を適度に使い、睡眠環境を整えましょう。
そして、なによりバランスの良い食生活を送ることが大切です。

熱中症かな?応急処置ってどうするの?

応急処置

ご自分でも、友人でも、熱中症かな?と思われる症状が出た場合は、ただちに応急処置をしましょう!

処置1、涼しい場所へ移動する、させる。
屋外にいる場合は、エアコンの効いた室内の施設、無い場合は車等へ移動し気温が低い環境を用意しましょう。
近くにそういった施設が無い場合は、風通りの良い日陰へ移動しましょう。

処置2、衣服を脱がし、体温を下げる。
体の熱を放出させることを優先とします。冷やす物があれば、足の付け根、首スジ、脇の下などを冷やしましょう。水をかけてあおぐことでも体を冷やせます。

処置3、水分を補給する、させる。
とにかく、水分を補給することです。できれば、塩分も同時に補給出来るスポーツドリンクで補給できると良いです。
水分が補給出来る状況で無い場合は、無理に補給させることはやめましょう。

処置4、医療機関へ連絡
現場で応急処置をしながら、医療機関へ相談しましょう。
症状次第では、救急車での搬送が必要となります。
熱中症は、死にも関わる危険な症状です、甘く判断するのはやましょう。

夏は、楽しいレジャーが盛りだくさん!楽しい思い出を作るには絶好の季節です!そんな楽しいひと時が一変しないために、コレを知らないと知っておくでは、違う結果もありえますね。
是非、頭の片隅に置いていただければと思います!
折角のデート中に、具合が悪くならない為にも熱中症対策は万全に♪